ニコチン依存症の治療方法

ニコチンは依存性が高く、一度依存してしまうと克服するのは困難です。
しかし、ニコチンは身近なところだと煙草に含まれており、知らずしらずのうちにニコチン依存症になっている人は、かなりの数に上っています。
そこで最近は、禁煙外来が各所にでき、そこで通院しながら医薬品を使った治療を行い、ニコチン依存を克服できるような環境が整いつつあります。

禁煙外来では、チャンピックスという禁煙補助薬を使い、ニコチン依存の治療が進められているそうです。
チャンピックスはあくまで補助薬なので、これを飲んだだけではニコチン依存は治りませんが、ニコチンの受容体をブロックする作用があるので、「煙草を吸いたい」という気持ちが抑制されると言われています。
しかも、万が一煙草を吸っても、不快感を感じるようになるため、ニコチンを自然と摂取しなくなります。
さらに、ニコチンが体内に入らない時間が継続すると、ニコチン受容体はどんどん小さくなっていくので、やがてはチャンピックスを飲まなくても良くなるそうです。

ただしこの方法は、ニコチン依存症の治療において、かなりの成功率を誇っているものの、チャンピックスには副作用もあるので、注意が必要です。
服用する量を守らないと、逆に悪影響を及ぼしてしまうので、必ず禁煙外来で医師の指示を仰ぐことが重要です。
また、医師や看護師、薬剤師などは、患者にチャンピックスの副作用についてしっかりと説明をし、長期的なサポートをしていくことも忘れてはいけません。